介護が初めての方へ

在宅介護を受けるには、ケアマネージャーにケアプランを作成してもらう必要があります。また、要介護(要支援)認定を受けることで、介護保険を利用することができます。

初めて在宅介護を検討されている方に、一連の流れをご説明させていただきます。

在宅介護を受けるまでの流れ

1.まずはケアマネージャーを探しましょう
ケアマネージャーとは、ご利用者やご家族からの相談に応じ、ケアプランの作成や、各種手続きを行う専門職員です。介護サービスを受けるのに必要な「ケアプランの作成」や「要介護認定の申請」は誰でも行うことができますが、サービス料金を先払いしなければならなくなったり、複雑な手続きを行わなければならないので、ケアマネージャーに相談されることをお勧めします。
ケアマネージャーは役所やかかりつけの病院から紹介してもらえることもありますし、サービス事業者から紹介してもらうこともできます。山手町ハナミズキの家でもご紹介をしておりますので、お気軽に問い合わせください。
ケアマネージャーは全国に沢山いますので、本当にご利用者、ご家族の納得のいく方を選んでいただければと思います。
2.要介護認定の申請をしましょう
介護サービスの利用には要介護認定が必要です。市区町村の役所で申請できますが、ケアマネージャーが代行申請を行ってくれます。必要な申請をすることで、市区町村による訪問調査が実施され、要介護度が決まります。
非該当 自立しており、介護の必要がないという状態。
要支援1 要介護状態には当たらないが、日常生活に支障があると判断される状態。
要支援2
要介護1 日常生活において、常時介護を必要とすると判断される状態。
要介護5が、最も介護を必要する状態を意味します。
要介護2
要介護3
要介護4
要介護5

この要介護度によって介護保険の枠が決まり、週にどれくらいサービスが利用できるかが決まってきます。
3.ケアプランを作成しましょう
要介護認定がおりましたら、ケアマネージャーと一緒にケアプランを作成しましょう。ケアプランとは、どのような介護サービスをいつ、どれだけ利用するかを決める計画のことです。ご利用者やご家族の意向をしっかり伝え、納得のいくプランを作りましょう。